動画配信サービス

music.jpの登録方法を分かりやすく解説!メリット・デメリットも紹介

動画サービスが人気を集める中、「music.jp(ミュージック ドット ジェイピー)」というサービスはご存じでしょうか。

music.jpはその名のとおり、音楽配信に力を入れていますが、音楽のみならず動画や電子書籍といった様々なコンテンツが見放題・読み放題となる総合エンタメサービスなのです。

今回はそんなmusic.jpの登録方法や、利用する上でのメリット・デメリットについてまとめてみました。

\31日間の無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません/

無料登録でmusic.jpを今すぐ体験する

music.jpとはどんなサービスなのか

music.jpはエムティーアイが運営する日本の音楽配信サービスサイトです。

最近ではルナ・ルナのアプリでも有名ですね。

エムティーアイは最新の音楽だけでなく、映画・ドラマ・書籍・マンガの豊富なコンテンツを取り揃えている総合エンタメサブスクリプションとなっています。

動画と書籍に加え音楽まで網羅しているサブスクリプションサービスは、music.jpが日本で独自の存在です

music.jpの無料期間は?

music.jpには無料会員に加え、3つの有料会員パターン(プレミアムコース)が存在します。

  • 「500コース」
  • 「1000コース」
  • 「テレビコース(1780コース)」→無料お試し期間あり!

「テレビコース(1780コース)」無料期間は30日間に設定されていますね。

無料お試し体験のサービスを受けるには、特定の公式サイトからの登録が必要となります。

無料お試し期間中のポイント数は、1600ポイントです(通常は合計3000ポイント)。

music.jpの登録方法

それでは、music.jpの登録方法をご説明いたします。

1.music.jpのトップページへアクセスする。

画面中央の「今から30日間おためし!」をクリックします。

2.登録方法を選択する。

登録方法は6通りあります。

携帯の大手キャリア(docomo、au、Softbank)のユーザーは、携帯電話の料金と合算で支払いができるキャリア決済が利用できます。

1.docomoで登録
2.auで登録
3.Softbankで登録

各種クレジットカードでの決済も可能です。

こちらを選ぶと、入力の手間が一部省けます。

4.Google ID
5.Faceook ID

該当のアカウントがない場合は、一から登録を進めてください。

6.その他

③支払い情報を入力する

キャリア決済(docomo、au、Softbank)の場合、携帯料金との合算になります。

したがってmusic.jpにおける支払い登録の情報入力は必要なく、各キャリアのにて本人認証を行うため比較的簡単に登録ができます、

クレジットカード決済の場合は、クレジットカード番号を入力します。

④登録完了画面の確認

「プレミアムコース登録が完了しました!」との文言が画面に表示されると、登録完了です。

登録した日から30日間が無料お試し期間となり、期間内に解約すれば、支払い情報を登録していても利用料金は発生しません。

ただし1日でも無料お試し期間を過ぎてしまうと、1か月分の月額料金を請求されますので、留意しておきましょう。

⑤トップページに戻り、サービスの利用を開始する

無料登録でmusic.jpを今すぐ体験する

music.jpの特徴やメリット

ここでは、music.jp利用にあたってのメリットやサービスの特徴をまとめてみました。

  1. 音楽・動画・電子書籍を利用することができる
  2. 音楽にはハイレゾ対応のものもある
  3. 国内最大級となる18万本以上の動画が配信されている
  4. ポイント付与の種類が多い
  5. テレビデバイス対応

 

1.音楽・動画・電子書籍を利用することができる

music.jpの最大の特徴は音楽配信・動画配信に加え、電子書籍まで1つのサブスクリプションサービスで楽しめるという点です。

2.音楽にはハイレゾ対応のものもある

ハイレゾとは

ハイレゾは、CDでは入りきらなかった音の情報量をたくさん持っています。音の量、つまり「音の太さ・繊細さ・奥行き・圧力・表現力」が段違い。アーティストの息づかいやライブの空気感など、CDでは聴こえなかったディテールやニュアンスを感じ取れるのがハイレゾなんです。

SONY

他のサービスとの差は、音楽にあるといっても過言ではありません。

ハイレゾ対応の曲がある点は、音楽配信サービスサイトとしてスタートしたmusic.jpならではの強みでしょう。

3.国内最大級クラスの18万本以上の動画が配信されている

国内で利用できるVODサービスの中では、10万本以上視聴動画を視聴できるのはU-NEXTとmusic.jpのみです。

他の動画サービスにはないような動画もたくさんあるため、映画が好きな人にはおすすめです。

4.ポイント付与の種類が多い

  • 動画購入時に使う「動画ポイント」
  • 音楽と書籍が購入できる「通常ポイント」
  • お得なクーポン・・・ex.人気作品プレゼントクーポン/人気作品〇%オフクーポン など

ポイントを利用して好きなコンテンツを楽しむことができますね。

毎月もらえるクーポンを利用しながら作品を視聴できます。

5.テレビデバイス対応

Fire TVやChromecastなどのテレビデバイスにも対応しているので、大画面にて家で気軽に皆で動画を視聴することができます。

music.jpでのデメリット

  1. 月額の価格設定が高め
  2. 無料動画コンテンツが少ない
  3. 動画ポイントは付与された月でしか使用できない

1.月額の価格設定が高め

月額1000円以下の動画サービスが多い中、テレビコース1780円という料金設定はやや高額です。

しかし、コンテンツの量が豊富であること、ポイント付与還元率が高いことで一概に高いともいえないでしょう。

2.無料動画コンテンツは少ない

最新作(準新作)等が見放題作品に入っていることは比較的少ないと言えるでしょう。

ポイントの利用や支払いが必要なレンタル作品が多いです。

3.動画ポイント・クーポン利用は付与された月でしか使用できない

通常ポイント(音楽や書籍が購入できるポイント)は翌月にも使用できます。

しかし、動画ポイントやクーポンの利用は持ち越し不可であり、付与された月に消費しなければ消滅してしまいます。

まとめ

music.jpは動画・音楽・書籍の総合サービスであり、特に音楽に強いサービスです。

使い勝手を調べるためにまずは無料で1か月お試しして使い心地を実感してみることをおすすめします。

 

無料登録でmusic.jpを今すぐ体験する

 

music.jpの無料お試し期間中の解約・退会方法!解約時の注意点もエムティーアイが運営する音楽配信サービスサイト「music.jp(ミュージック ドット ジェイピー)」。 音楽配信に強みを持ちなが...

http://www.aroundtheworldorchestra.com/vodservice-1223